jasco.jpg

History

Founded in 1997 at The Ohio State University, the Japan-America Society of Central Ohio has had an ongoing commitment to serve the wide and varied needs of the Japanese living in Ohio and Ohioans engaged and interested in Japan. From business, education, and the needs of the diaspora community, JASCO is here to help. 

 

Over the years, we've developed a core set of signature programs. 

 

Beginning in 1999, JASCO has hosted the Ohio Japanese Language Speech Contest for high school and university students. 

 

Our business programs have evolved over time. From cultural training for those going to Japan, to special seminars that are industry specific, to skill building and presentation on the economy. 

 

Special programs run a wide range of topics. Helping with the 20th anniversary of the Saitama-Ohio sister state relationship in 2010, to tsunami relief efforts, and the celebration of the gift of cherry trees in 2012, special events are simply another example of the diverse and important role JASCO plays in the community.

JASCOは、セントラルオハイオ地区の日本人・アメリカ人コミュニティー間の関係助長を担う501(c)(3)非営利団体です。文化行事、日本語クラスの開催など当団体へのご理解・ご支援のほど宜しくお願いいたします。

 

JASCOは、1997年オハイオ州立大学(OSU)内に創立以来、オハイオ在住の日本人および日本に興味や関係を持つオハイオ住民の幅広い要望に応えております。ビジネス、教育および移民コミュニティーのニーズまで、お手伝いさせていただきます。

年月をかけ、JASCOの特別プログラムを構築しました。

1999年より、JASCOは高校生、大学生向けのオハイオ日本語スピーチコンテストを主催しています。

ビジネス向けのプログラムは、日本に行く前の文化研修をはじめ、業界に特化した特別セミナーやスキル習得口座や経済に関する講義など、進化しています。

特別プログラムも多岐にわたり、2010年に行った埼玉県とオハイオ州姉妹都市20周年記念、東関東大地震の救援活動、2012年の桜贈呈の祝賀会など、コミュニティー内でJASCOが担う重要な役割の一例と言えましょう。

© 2020 by Japan-America Society of Central Ohio

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter